カジノ法案とは?メリットデメリットを紹介

まず簡単にカジノ法案について説明すると日本でカジノを合法化することを推進している法案ということが出来ます。現時点で日本ではカジノは非合法でカジノのお店を出店することは出来ません。ですがカジノ法案が通れば日本でもカジノが気軽に楽しめるようになるという訳です。

 

ちなみにカジノ法案の正式名称は「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」でこの法案は2013年に超党派国会議員による国際観光産業振興議員連盟が国会に提出しています。

 

カジノ法案が通ってカジノが合法化すればカジノに人が集まり経済が活性化するというメリットがあります。その他にもカジノが出来ることを全面的に売り出して観光産業の振興、さらにはカジノを含む複合施設を作り宿泊施設、飲食店などによる地域経済の活性化、そしてその利益により財政が改善する事を利点として挙げることが出来ます。

 

アメリ某グループが試算したところ東京、大阪、、沖縄にカジノを作るとその市場規模は1兆5000億円程と言われています。カジノにはそれだけの経済効果が期待できるのでカジノ法案が合法化するかどうかに注目が集まっています。

 

ですがカジノ法案はメリットもあれば当然デメリットも存在し、カジノに人が集まる一方でカジノ施設周辺地域ではマイナスの経済効果が出るのではと予測されています。さらに治安についても問題視されていてなかなか合法化が進まないのが現状です。何故治安について問題視されているのかと言えばカジノはかけ事なのでまだまだイメージが悪い、さらに日本にカジノが出来ることでギャンブル依存症の人が増えるのではといった不安もあります。その他にもカジノがマネーロンダリングに使用されるのではといった懸念もあります。

 

今後カジノ法案がどうなるのか?予測としてはカジノ合法化は2020年の東京オリンピック開催に合わせて行われるのではといった予測が多いと言うことが出来ます。ただ現時点ではまだ国会で話し合いを進めているところです。